#006 Intermission(転生したら、魔王帝国の皇女殿下でした)

 

 ――魅力的な魔王城下町を建設し、人類の都市との誘致合戦に勝利する。
 
 私が、なぜ、こんな、とんでもないアイディアにたどり着いたのか? その理由は簡単だった。

 私には、前世の記憶があるの。

 十歳の誕生日だった。
 寒くて、その年初めての粉雪が降った朝、真っ白に雪化粧した中央帝都を見遣って、ふいに、思い出したの。

 ◇  ◇

 令和12年12月22日 午前6時30分
 |明日社市《あすもりし》米津町大字蓮谷地内 農家の離れ屋

 前世の私が亡くなったのも、こんな真っ白な粉雪の朝だったなって……
 前世での最期の頃、引退した私は、片田舎の農村でゆっくり過ごしていた。
 その朝も、家族のいる母屋から、朝の支度を始めた騒がしさが聞こえてきて、目が覚めた。

 小さな離れで寝起きしていた。
 筆柿を干した縁側に出て、猫のタマに挨拶して、伸びをしたところで…… 記憶が途切れている。

 九十六歳の初冬、ぽっくりな最期だった。
 
 思い出し始めると不思議なもので、ふいに次々と前世の記憶が湧き出てくるの。

 私、きな粉餅好きだったな。
 とか、
 コーヒーゼリーにはこだわりがあったな、とか。

 あ、おばあちゃんモードになるとお話が長くなるから、すっ飛ばすね。

 私にとって、新魔王城下町建設計画と、人類の諸王との誘致合戦に勝利することは、遠いリベンジなの。

 前世の私、|笠森小枝子《かさもりさえこ》は、第24代|明日社市長《あすもりしちょう》だった。
 より正確に言うと、市長選の告示の直前に倒れた夫、笠森清十郎の妻だった。
 大変だったという記憶はある。
 現職市長の夫が倒れた。
 市長選の告示まではもう数日とない。
 代わりの候補者を立て直そうにも、時間がなくて調整もできない。
 結局、市議会議長の鶴の一声で、私が市長選に出ることになり、同情票も集めて当選しちゃったの。そのとき、五十二歳。まさかの事態に頭を抱えた。

 それからはもっと大変だった。
 人口わずか4万2千人の明日社市なのに、トラブルが次々と湧き出してくるの。ゴミの不法投棄問題には頭に来たし、悩まされた。水害もあれば、季節外れの豪雪もあった。とにかく先頭に立って、素人なのに意地になって奔走した。
 清十郎さんが返って来るまで、私が明日社市を守るんだって、自らを鼓舞して頑張った。

 だけど、清十郎さんはついに目を覚まさないまま、逝ってしまった。

 泣いたよ。溶けちゃうくらいに泣いた。
 それでも朝は来るし、仕事は山積みだった。

 結局、後を任せられる人がなかなか見つからなくて、私は、昭和61年から平成13年まで、市長を4期16年に渡って務めることになったの。 
 自分でいうのも変だけど、頑張ったと思うんだよ。
 だけど……

「いつかは地方中核市に……」
 という、生前の清十郎さんの夢は、ついに叶えられなかった。ゴミの不法投棄問題に翻弄されたことも原因で、周辺市町村との合併話も上手くいかなかった。
 

≪ Prev Page | Next Page ≫