#008 建設用地の買収にご協力ください

星歴1229年 9月20日 午前10時30分
アガパンサス平原北部
  
 えっ? 魔族だったら、土地は強制徴発するんじゃないかって?
 いやですね、そういうの、経済力のない三流魔族がやることだよ。

 大集会にかけて了解を得た、総予算2兆3180億ギルには、ちゃんと用地取得費を計上していた。用地買収の交渉相手は、古くからこの土地に住み着いていた小鬼族の族長だった。

「おまえたち中央帝都の魔族たちのことは噂に聞き及んでおる。じゃが…… こんな何もない草原を売ってほしいだと?」
 小鬼族の族長は、かなり困惑していた。だって、中央帝都の魔王帝国軍は、情け容赦って単語が辞書に載っていない。残酷無慈悲な占領軍団として知られていた。まあ、魔王皇帝家の一族は、侵略戦争がお仕事ですからね。

「ええ。この広大な草原が私たちの新しい城下町になるんです。ぜひ、お売りください。もちろん、評価額は中央帝都の基準を適用します」
 にこにこ営業スマイルを振りまいた。小鬼族の族長はまだ迷っていた。そりゃあ、先祖伝来の土地を敵に奪われたら、戦って奪い返す。それしか考えてなかったのだろう。お金を支払って買いあげますと言われたら、にわかに判断がつかないのも、無理はない。
 でも、あんまり時間をかけても良いことはない。理由もなく迷い始めると、面倒なことに難攻不落の案件になっちゃうの。なぜって、迷う理由がないのに、迷っているんだもの。

 でも、大丈夫。
 小鬼族にしたら、この土地は先祖伝来の遊休地。実は何も用途がない。
 手放しても生活に困ることは何もない。
 そこまでは調査済みだった。
 答えを逡巡しているのは、単純に感情的に不安になっているだけなの。

 だからね、こういう時は取って置きの良い方法があるわ。
「アイリッシュ、あれを持ってきて。お願い」

 恭しく芝居かかった仕草で、アイリッシュが大きなアタッシュケースを抱えて、進み出た。
「ご契約を頂けるのでしたら…… 手付金をご用意いたしました」
 笑みを含んだ私の声が合図。アイリッシュが、小鬼族の族長の目の前でアタッシュケースを開いた。

「ふぉっ!?」
 族長のひげ面がビクンとなって、変な声が出た。
 うん。落ちた。

 小鬼族の族長は、アタッシュケースにいっぱいの銀貨を目にして、硬直した。おそらく、族長が考えていたはずの金額の二十倍くらいあると思う。何もない草原に付く値段としては破格の金額だった。
 評価額の算出は頑張った。後腐れがないように、精いっぱいの査定額にしたの。

「こ、これは……っ!」
 巨大な魔王城下町建設用地だもの。買収面積が広大だから、銀貨の量も半端ない。
 やっぱり、現金商売は最強だ。

「そちらさまで立てている土地の所有権を示す標石を撤去して、結界魔法を解除して、土地を引き渡して頂ければ、残りの銀貨もお支払いいたします」
 もう、いかがですか? なんて聞く必要もない。
 小鬼族の族長は、小刻みに私の言葉にうなずいていた。


 四日後の朝、遠征軍の本隊が到着した時には、湖畔に広がる草原は私たちのものになっていた。


 

 

≪ Prev Page | Next Page ≫