覆面作家企画7 意気込み

■作者名
 天菜真祭(てんなまつり)

■サイト名&アドレス
 Sequence お話のカケラ+
 http://seq.fem.jp/

■参加ブロック
 ぶっそうなふたつ名が盛りだくさん、あのDブロック。

■自己紹介、プロフィールページはありますか?
 ないです。

■好きな(得意な)ジャンルはなんですか?
 現代物、異世界物

■好きな作家さん&作品を教えてください。
 笹本祐一先生 ミニスカ宇宙海賊シリーズ
 
■作家以外の趣味はなんですか?
 Delphiでプログラム。 ClipPaintでイラスト描き。

■今まで、覆面作家企画に参加されたことはありますか?
 2,3,4,5,6回に参加。轟沈。

■前回参加時、あなたの作品はどなたの作品だと推理されましたか?
 鉄板です。

■前回参加時、あなたは誰の作品の作者と推理されましたか?
 うちの潜水艦は、鉄板でできているのです。磁気を帯びているので、方位磁針を近づけると反応があります。ショ糖を含んでいるため
 あまい、お茶菓子のような匂いがするらしいです。

■前回と同じブロックだった作者さん、今回もいますか?
 覆面6Fブロックの皆様、今回もご迷惑をおかけします。

■この作品を書くのに、どのくらい時間がかかりましたか?
 突貫です。

■ズバリ言って、今回、あなたの作品を推理するのは簡単ですか?
 今回は鋼鉄です。鉄板を超える堅さです。優秀な探偵団の前に、ついに偽装手段の在庫が切れました。
 はっきり言ってしまうと、ネタ切れでございます。
 はみがき粉は、空気を入れてキャップを締めてからチューブを振ると、もう1回分だけ出て来るのです。
 そこまでして、覆面参加のために絞り出しました。覆面は参加することに意義があるのです。
 
 上記の事情により、ステルス装備を全然施しておりません。
 野球に例えるのならば、直球ど真ん中に球速の劣るボールを投げています。
 ババ抜きでいうと、不自然に飛び出したカードを真ん中に持っている状態のようです。
 絶対に足が付く遺留品が現場に残されていると言っても過言ではありません。とある真にやむを得ない理由により、
 指紋を拭き取ったり、足跡を消したり、アリバイ工作をしたりする余裕がなかったのです。
 加工なしの生のまま、産地直送の鮮度でお届けしております。(締め切りギリギリだったという言い換え表現もあります)

 「これだあっ!」と思った作品があったら、きっと、大あたりです。迷わず、当確の赤いカーネーションをうちましょう。
 
■この企画への参加作品以外で、一番最近書いた作品は?
  競作小説企画 第九回「夏祭り」「逃げ水の中に

■その作品は、推理のための重要なヒントになりますか?
 ならないかも知れません。

 ……それよりも、視覚関係つながりで、アザーズプロット企画2綿子様 ) の「繋がる星と願いと」の方が凄く良く分かるかも。

■企画への意気込みをどうぞ。
 楽しい企画をありがとうございます。感想と推理を頑張らせて頂きます。